安全な銀行系サラ金はどこがいいか

私は普段からお金の管理が十分ではありませんでしたが、そのために給料日前にはお金が足りず、交通費すら危うくなることもありました。しかし、色々頑張って管理をしてみても仕事がものすごく精神的に疲れるため、その癒しのためにお酒や食事などでストレス発散をすることも多く、出費も多くありました。

 

もう少し余裕があればお金が足りなくなったときにも安心だと思って利用したのがサラ金のサービスでした。最初は特に借り入れることはなかったのですが、給料日前になるとやはりお金が不足してきてしまい、ある程度まとまったお金を確保しました。

 

しかし、返済もきちんと覚えていたので、給料が入ったらすぐに支払いを済ませて安心していました。しかし、その分負担が大きくなってしまうのはわかっていたので、生活も少し変えていくことにしました。

 

お酒を飲む場所を外ではなく、家飲みにするようにして、食事もできるだけ自分で食材を買ってきて作るようにしました。大学生の頃を思い出すような感覚でしたが、それが意外と楽しく、テレビゲームなども買いつつ家の中でできるストレス発散法を身につけられました。おかげで総合的な出費は少なくできました。キャッシングを頼ってからは生活も変化し、さらに仕事の昇給も重なって借金をしなくてもやっていけるようになりました。

 

私の場合は金利があまり高くはない銀行系のサービスを選んだので特に安心して活用できました。サービスによっては会社にまで電話が来てしまうサービスもあったようで、できるだけ安全に利用するにはこうした銀行の質の良いサービスを頼れてよかったです。結局は借り入れのおかげで生活まで変えられましたが、もっと早くに気付いて変えていればよかったと思っています。

 

サラリーマンの利用者が多いサラ金といわれる消費者金融のサービスは、近年はバックに銀行がついている場合も多く、銀行が提供しているサービスも増えています。こういったサラ金利用で注意すべきなのがばれないようにすることです。審査の過程で会社に電話があったり、自宅に書類が郵送されたりするので、完ぺきに隠し通すのはなかなか難しいものです。

 

サラ金の会社もばれにくいように工夫してくれているので、あまり心配はいりませんが少しでも対策を考えてくれているサービスを利用しましょう。借金の利用は、場合によっては社内での信頼を落とすこともあるので、むやみに見つかっては不利になります。電話も書類も合わせてこっそりと利用して、返済まで終えられるように工夫してください。

 

借入金額に限らず、サラリーマンが借入をする場合には、その会社に電話が入る場合があります。特に、この電話はほとんど他の人にはわからないように工夫してかけてくれますが、普段ほとんど電話が鳴らない会社や、元々電話を受ける仕事ではない場合にはそれだけで怪しまれてしまうこともあります。特に名指しで電話が来るので、敏感な人やすでに一度サラ金を利用したことのある上司には見つかってしまうこともあります。

 

電話に関しては特に注意して対策しましょう。事前に電話が来ることを申し出てしまった方が良い場合もあれば、何も言わないでいたほうが良い場合もあります。会社の社員数が少ない場合や、部屋が狭くてもばれる危険が大きいのでしっかり対策しましょう。

 

地方の銀行系のサラ金は特にサービス面では信用できます。金利や返済方法も一般的な銀行のサービスに近いもので、審査についても多少厳しさがあります。しかし、サラ金の場合には安定した収入が見込めるサラリーマンへの貸し出しになるため、審査に通過できないことはあまりありません。

 

利用限度額が多少前後してしまうことはありますが、よほど借金で苦労しているか、公共料金の支払いを何度も遅らせていない限りは借り入れできます。ばれないようにする電話や電話での質問対応なども充実しているので、初めて借金を利用する場合には頼りにできます。大手のサービスでなくても、地方のメインの銀行系サービスならば十分信頼度は大きいです。

お勧めサイト

  • パートでも借りれる

    審査が不安な人におすすめしたいカードローンの紹介、実際にお金を借りられた体験談など。

  •  

  • お金の借入

    人気の低金利キャッシングの紹介、お金を借りる上での注意点や職場確認の電話についてなど。

  •  

  • 事業資金の融資

    実際に事業資金を借りてみた体験談、資金調達の方法、ビジネスローンを利用するメリット等。